中日 ズルズル5連敗 42イニングぶりの適時打で追いつくも、守護神マルティネスが陥落…

[ 2021年9月21日 21:13 ]

セ・リーグ   中日2ー3阪神 ( 2021年9月21日    バンテリンD )

<中・神(18)> 6回2死二、三塁、中日・京田は中前に同点の2点適時打を放ったが…(投手・及川)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 中日は接戦を落とし5連敗を喫した。

 2―2の9回に守護神のR・マルティネスが先頭・島田に二塁への内野安打を許すと、1死三塁から木浪に左犠飛を打たれ、勝ち越し点を与えてしまった。

 打線は0―2の6回2死二、三塁から京田がチーム42イニングぶりの適時打となる中前への2点打を放ち、同点に追いついたものの、得点はこの回の2点だけにとどまった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月21日のニュース