大谷を徹底警戒 元女房役のアストロズ・マルドナド 先発左腕バルデスを一喝!

[ 2021年9月21日 13:12 ]

ア・リーグ   アストロズーエンゼルス ( 2021年9月20日    アナハイム )

アストロズのマルドナド(中、AP)
Photo By AP

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)が20日(日本時間21日)、本拠地アナハイムでのアストロズ戦に「3番・DH」で先発出場。第1打席は一ゴロ、第2打席は遊ゴロ、第3打席は空振り三振となっている。

 6回の第3打席では、アストロズバッテリーの徹底した警戒が際立った。

 アストロズから見れば2点リード、1死一塁。抑えるチャンスは十分にある中でも、大谷を迎える前にバッテリーと遊撃のコレアがマウンドに集まり、入念に打ち合わせた。

 特に捕手は18年7月にトレードされるまで、エンゼルスで入団1年目の大谷の女房役を務めていたマルドナド。大谷を知り尽くしているだけに、今季ここまで10勝を挙げている先発左腕のバルデスを鼓舞した。

 大谷に対する初球が外角高めに抜け、ファウルだったものの、ベース上からマスクを外してバルデスに喝を入れるシーンも。カウント2ボール1ストライクからはカーブを3球続けて空振り三振に仕留めた。大谷もこれには悔しそうな表情を浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月21日のニュース