浦和学院エース宮城が4回無失点 甲子園後初登板で10点コールド発進導いた

[ 2021年9月21日 05:30 ]

秋季高校野球 埼玉大会2回戦   浦和学院10ー0熊谷工 ( 2021年9月20日    大宮公園 )

<浦和学院・熊谷工>新チームでの公式戦初登板を4回無安打零封と好投した浦和学院の宮城
Photo By スポニチ

 埼玉の浦和学院が今秋から指揮を執る森大(だい)新監督の下、来春センバツへつながる県大会初戦(対熊谷工)を10―0の6回コールドで快勝。

 今夏甲子園後初の公式戦を4回無安打無失点、6奪三振のエース宮城誇南(こなん、2年)は「直球で空振りを奪えたので良かった」と振り返った。前日の日本ハム戦で同校OBのロッテ・小島がプロ初完封。「同じ左腕として目標であり、尊敬する人です」と照れくさそうに話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月21日のニュース