【引退会見一問一答】阪神・桑原「ファームで頑張ろうと思ったが、痛みを抱えて思うようにいかず」

[ 2021年9月21日 05:30 ]

引退会見を終え花束を受け取る桑原
Photo By 代表撮影

 阪神の桑原謙太朗投手(35)が20日、西宮市内で会見を開き、今季限りの現役引退を表明した。07年大学生・社会人ドラフト3巡目で横浜(現DeNA)に入団後、オリックスを経て14年オフにトレードで阪神入り。17年には自己最多67試合に登板し最優秀中継ぎ投手賞に輝いた。引退後は未定。24日からのウエスタン・リーグ、オリックス3連戦(甲子園)で最終登板する見込みで14年間のプロ生活に終止符を打つ。

 【桑原に聞く】
 ――肘、肩の痛みと闘ってきた。
 「開幕1軍に残れた時点では良かったと思うんですけど、そこから思ったところに放れず5月中旬(19日)に抹消されて。ファームでもう一回頑張ろうと思っていたんですけど痛みを抱えながらやっていく中で思うようにいかず、つらく感じたというのが一番の理由」

 ――金本前監督と連絡はできたか。
 「連絡させていただいて“お疲れさま。当時はよく頑張ってくれた”という言葉をいただきました」

 ――矢野監督には。
 「“ケガして投げられなくなって、また投げられるようになったという経緯は、今後にプラスになると思うから、それを今後に生かしてほしい”という言葉をいただきました」

 ――引退後予定は。
 「これからゆっくり考えていきたいと思います。最後まできっちりとやってから考えたいと思います」

 ――1軍ブルペン陣に残したい思いは。
 「岩貞、岩崎両投手がいるんで、心配はしていない。中継ぎという一つのチームとしてこれからのタイガースを盛り上げていってもらえたら」

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月21日のニュース