広島に「孝行息子」が現れた 床田がプロ初完封 優勝争い演じる巨人を気迫で止めた

[ 2021年9月21日 20:40 ]

セ・リーグ   広島2ー0巨人 ( 2021年9月21日    マツダ )

<広・巨(19)>4回1死一、二塁、小林を遊ゴロ併殺に仕留めベンチに戻る広島・床田 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 ずっと険しかった床田の表情が緩んだ。5年目のプロ初完封。ナインの祝福を受け、マウンドでスマイルを見せた。

 2点リードで迎えたラストイニング。先頭のウィーラーの遊ゴロを小園がトンネルし、いきなり無死一塁のピンチを招いた。それでも、サウスポーは慌てない。中田を中飛に仕留め1死。続くハイネマンの打球を中堅・上本がダイビングキャッチして2つ目のアウトカウントを奪った。最後は小林を空振り三振。負ければ3連敗で、今季最多となる借金17の危機を救った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年9月21日のニュース