明徳義塾中 逆転勝利で4強進出 全日本少年春季軟式野球大会3日目

[ 2021年9月21日 14:38 ]

5回、同点となる中前適時打を放った明徳義塾中の藤森
Photo By スポニチ

 「文部科学大臣杯第12回全日本少年春季軟式野球大会日本生命トーナメント(スポニチ主催)」は21日、静岡県内2球場で準々決勝4試合が行われた。

 島田球場で行われた第2試合は、明徳義塾中(高知)が石川義塾中(福島)を6―1の逆転で下し、準決勝進出を決めた。

 明徳義塾中は1点を追う5回、9番河端の左安打を皮切りに打者一巡の猛攻。一挙6点を奪い、逆転勝利。

 明徳義塾中のほか、岡山オール井原アローズ、ALL栃木、星稜中が4強に進出した。

 あす準決勝と決勝が行われる。スポニチアネックスの1球速報では、準決勝と決勝の模様をリアルタイム配信する。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月21日のニュース