ALL栃木が4強進出 エース鈴木が二刀流の活躍 全日本少年春季軟式野球大会3日目

[ 2021年9月21日 11:27 ]

投打の活躍で勝利に貢献したALL栃木の鈴木
Photo By スポニチ

 「文部科学大臣杯第12回全日本少年春季軟式野球大会日本生命トーナメント(スポニチ主催)」は21日、静岡県内2球場で準々決勝4試合が行われている。

 島田球場で行われた第1試合は、ALL栃木(栃木)が藤井中(香川)を8―1で下し、準決勝進出を決めた。

 ALL栃木はエース鈴木が先発。4回1安打無失点、無四球の5奪三振で好投。打っても4回にダメ押しとなるソロ本塁打を放った。

 準々決勝は、同球場の第2試合で行われる明徳義塾中(高知)対石川義塾中(福島)の勝者と、あす22日に対決する。スポニチアネックスの1球速報で、準々決勝の模様を配信中。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月21日のニュース