DeNA 守護神から配置転換された三嶋が7回に登板 1イニングを3者凡退

[ 2021年9月21日 20:20 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2021年9月21日    横浜 )

<D・ヤ18>DeNA4番手の三嶋(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAの三嶋一輝投手が21日、本拠地・横浜スタジアムでのヤクルト戦で、2―5の7回に4番手で登板。山田、村上から2者連続空振り三振を奪うなど1イニングを3者凡退に封じた。

 守護神だった右腕は、18日の広島戦(マツダ)からその座を元守護神の山崎に譲った。今季この試合前まで48試合1勝5敗21セーブも、巨人戦で3敗など精神面の不安定さが露呈。広島戦前に三浦大輔監督から配置転換の通達を受けていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2021年9月21日のニュース