ロッテに激震!マーティン右足骨折、今季絶望も

[ 2021年9月21日 16:11 ]

ロッテのマーティン
Photo By スポニチ

 優勝マジックの点灯を目前となっているロッテに激震が走った。

 19日の日本ハム戦で右足に自打球を当て、20日の同戦を欠場したレオネス・マーティン選手が21日、浦安市内の病院で精密検査を受け、右足中間楔状骨骨折と診断されたことを発表した。今季絶望となる可能性も高くなった。

 14日に発熱し、「特例2021」で抹消。その後、18日に復帰したが、わずか3日で再抹消となった。今季は99試合の出場で打率・249、25本塁打、70打点をマークしていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月21日のニュース