松井氏 古巣・巨人にエール「ただOBとして応援したい」、米でチャリティーゴルフ

[ 2021年9月21日 05:39 ]

松井秀喜氏
Photo By スポニチ

 巨人、ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(43)が20日(日本時間21日)、コネティカット州で自身が共催するチャリティーゴルフに参加した。

 松井氏はゴルフの開始前に取材に応じ、今季は投打両面で活躍するエンゼルスの大谷翔平選手に関して「アメリカ中の野球ファンが彼のすべてのプレーを注目していますし、メジャーリーグの中でもすごい大きな存在。数字がすべてを物語っていると思います」と称賛。「日本人野球ファンにとって夢の世界だと思うんですよ。彼がそれを実現してくれている」と自身は成し得なかったメジャーでの本塁打王を争う後輩の活躍に目を細めていた。

 また、セ・リーグで現在3位の古巣・巨人については、「個人的には素晴らしいシーズンを送っている選手が何人もいると思うんですけど、やはりジャイアンツはチームとして勝つことが一番の目標。最後まで優勝を目指して頑張っていると思います私はただOBとして応援したい」と激励した。この日のチャリティーゴルフは松井氏の基金「松井 55ベースボールファウンデーション」と「グローバル・シチズンズ・イニシアチブス」が共催。元ロッテ監督のボビー・バレンタイン氏も参加した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年9月21日のニュース