2年目の広島・石原が森下を好リード「慎重になりすぎずに大胆に行こうと」、打撃でも先制3号で援護

[ 2021年9月21日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2-2ヤクルト ( 2021年9月20日    神宮 )

<ヤ・広>5回、石原は先制ソロホームランを放つ(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 2年目の広島・石原が4試合ぶりに森下とバッテリーを組み、攻守で援護した。

 5回は2球目までの変化球に手を出さず、3球目に来た石川の直球を左翼席へ先制3号。「配球的に真っすぐが来るかなとイメージできた。1球で仕留められて良かった」

 捕手としても8回2失点の好投を引き出し、「慎重になりすぎずに大胆に行こうと話した。球自体もすごく良かった。8回(の攻撃)で(森下が)走者に残ってたんで、大事に行こうとは思ってたんですけど…」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月21日のニュース