ドラフト候補 早大・徳山が乱調…直球140キロ台後半連発も7回5失点

[ 2021年9月21日 05:30 ]

東京六大学野球第1週第2日   早大2ー5立大 ( 2021年9月20日    神宮 )

<立大・早大>7回2死、立大・山田(左)にソロを浴び、ガックリの早大・徳山(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 ドラフト候補の早大・徳山が先発も7回5失点の乱調。立大に連敗を喫して「迷惑をかけて申し訳ない」と肩を落とした。

 直球の球速は140キロ台後半を連発するなど能力の高さは見せたが、ピンチで粘れずに「リベンジする気持ちでマウンドに上がったが結果が全て。力不足」と反省しきり。小宮山悟監督は「まだ甘さがある」とエースの尻を叩いた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月21日のニュース