東海大相模が4連続コールド勝ち4強!10安打8得点 6番・武井が初回公式戦初弾「風だと思います」

[ 2021年9月21日 05:30 ]

秋季高校野球 神奈川大会 準々決勝   東海大相模8ー1日大高 ( 2021年9月20日    大和 )

<東海大相模・日大高>初回2死一塁から左中間に2ランを放った武井=撮影・川島 毅洋
Photo By スポニチ

 神奈川の東海大相模打線が10安打で8点を奪い、日大高に8回コールド勝ち。4戦連続コールドで4強入りを決めた。

 2―0の初回2死一塁から6番・武井京太郎(2年)が左打席から左中間に流し打つ2ラン。「ホームランは公式戦で初めて。風だと思います」と謙遜した。9月から母校の指揮を執っている元巨人の原俊介監督は「一戦必勝は変わらない」と表情を引き締めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年9月21日のニュース