×

DeNAドラ2・牧「入るとは思いませんでした」も開幕5戦目で出た!待望1号 0―5から反撃3ラン

[ 2021年3月31日 20:02 ]

セ・リーグ   DeNA―ヤクルト ( 2021年3月31日    横浜 )

<D・ヤ(2)>6回無死一、二塁、左越え3ランを放った牧はナインに迎えられる(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAのドラフト2位ルーキー、牧秀悟内野手(22=中大)が開幕5戦目となったヤクルト戦(横浜)で待望のプロ初アーチを放った。

 開幕から5試合連続で「3番・一塁」として先発出場。同期のドラフト1位・入江大生投手(22=明大)がプロ初登板初先発で5回5失点降板となる中、0―5で迎えた6回、無死一、二塁で入った第3打席でヤクルト先発右腕・高梨が投じた初球フォークを左翼スタンドに叩き込んだ。

 入江の黒星を消すべく、反撃ののろしにはこれ以上ない3ラン。好投していた高梨をマウンドから引きずり下ろす大きな一発となった。

 ▼DeNA・牧 打ったのはフォークボールだと思います。手応えは良かったですが入るとは思いませんでした。みなさんが繋いでくれたチャンスだったので1点でも得点に繋げたいと思い打席に入りました。逆転出来るように頑張ります。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月31日のニュース