×

阪神・伊藤将が上々のプロデビュー 広島打線に的を絞らせず5回2失点 次戦に手応えつかんだ

[ 2021年3月31日 20:06 ]

セ・リーグ 広島ー阪神 ( 2021年3月31日    マツダスタジアム )

<広・神>5回2失点の投球を見せた阪神・伊藤将(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 プロ初先発となった阪神ドラフト2位・伊藤将は5回8安打2失点で降板し、プロ初勝利はお預けとなった。

 立ち上がりは多彩な変化球を低めに集め、広島打線に的を絞らせなかった。3、4回に1失点ずつ喫したものの5回1死二塁では鈴木、メヒアを打ち取り追加点を与えない。2度、けん制で一塁走者を誘い出すなど持ち味も存分に発揮。確かな手応えをつかんだ85球だったはずだ。

 ▼阪神・伊藤将「すごくワクワクした楽しみな気持ちでマウンドに上がりました。今日感じたところを反省して、レベルアップしていきたいです」

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月31日のニュース