×

天理・達は先発せず、左腕・仲川が先発、東海大相模はエース左腕・石田が先発

[ 2021年3月31日 10:30 ]

第93回選抜高校野球大会第10日第1試合 準決勝   天理―東海大相模 ( 2021年3月31日    甲子園 )

<福岡大大濠・東海大相模> 力投する東海大相模・石田(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 第93回選抜高校野球大会第10日は31日、兵庫県西宮市の甲子園球場で準決勝が行われる。

 第1試合、天理(奈良)―東海大相模(神奈川)のスタメンが発表され、天理は左腕・仲川一平(3年)が先発し、大会屈指の右腕・達孝太(3年)はリリーフ待機する。達は29日の仙台育英(宮城)戦で8回を名て3失点、今大会最多の164球を投げていた。今大会ここまで459球を投げている。東海大相模はエース左腕・石田隼都(3年)が29日の福岡大大濠(福岡)に続いて先発する。

 また、東海大相模の主将、の大塚瑠晏内野手(3年)は2試合連続でベンチから外れた。大塚は、29日の準々決勝の福岡大大濠(福岡)戦で急性胃腸炎のためベンチを外れ、チームは門馬功外野手(3年)をゲームキャプテンに17人で戦い、この日の準決勝に駒を進めていた。

 【東海大相模】
 (7)門馬
 (4)綛田
 (2)小島
 (5)柴田
 (3)百瀬
 (9)小平
 (8)佐藤
 (6)深谷
 (1)石田

 【天理】
 (9)内山
 (8)木下
 (5)内藤
 (7)瀬
 (3)成田
 (6)杉下
 (4)戸井
 (1)仲川
 (2)政所

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月31日のニュース