上原浩治氏「これはキツいよなぁ」「主力ばかりが抹消って…」ヤクルトに同情寄せる

[ 2021年3月31日 18:41 ]

上原浩治氏
Photo By スポニチ

 巨人に在籍していた2019年5月にシーズン途中で現役引退した元メジャーリーガーの上原浩治氏(45)が31日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス感染症に関連し、主力選手6人の登録が抹消されたヤクルトに同情を寄せた。

 ヤクルトはこの日、西田明央捕手(28)、20代の男性スタッフの2人がPCR検査で陽性を示したと発表。濃厚接触者の可能性があるアルバート・スアレス投手(31)、山野太一投手(22)、内川聖一内野手(38)、西浦直亨内野手(29)、山田哲人内野手(28)、青木宣親外野手(39)の6選手とスタッフ1人を自宅待機としたことを併せて発表した。

 その上でいずれも前日30日のDeNA戦(横浜)に先発出場していた西田、スアレス、内川、西浦、山田、青木の主力6選手を「特例2021の対象選手」として登録抹消。「代替指名選手」として嶋基宏捕手(36)、松本友内野手(26)、長岡秀樹内野手(19)、武岡龍世内野手(19)の4選手が登録された。

 これを受け、上原氏は「ヤクルト…これはキツいよなぁ」と涙を流す顔文字入りでツイッターに投稿。「主力ばかりが抹消って…特例の対象選手ってことらしいけど」とした上で「昨日、逆転勝ちで雰囲気は良かっただろうに…」と開幕3連敗から前日今季初勝利を挙げたばかりのチームに同情した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月31日のニュース