×

中日 根尾のプロ初適時打が決勝打 名称変更の本拠地「バンテリンドーム」で初勝利

[ 2021年3月31日 21:05 ]

セ・リーグ   中日5-3巨人 ( 2021年3月31日    バンテリンドーム )

<中・巨2>2回無死二塁、プロ初打点となる勝ち越しの中前適時打を放つ根尾(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日は根尾のプロ初適時打が決勝打となり、今季からバンテリンドームに名称が変わった本拠地で初勝利をあげた。

 3―3の2回無死二塁から根尾が高木の初球、142キロ直球を中前へ運び、プロ初打点で勝ち越しに成功。3回にも平田の適時打で追加点を奪うと、4回1死からマウンドに上がった2番手・藤嶋をはじめ救援陣がリードを死守し、逃げ切った。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月31日のニュース