×

住職と“二刀流”の元NPB審判が東都デビュー「体が動くうちは審判員の普及に努める」

[ 2021年3月31日 05:30 ]

東都大学野球第1週第2日   青学大3ー2東洋大 ( 2021年3月30日    神宮 )

球審として“東都デビュー”を果たした佐々木昌信氏(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 プロ野球で通算2360試合の審判を務めた佐々木昌信氏(51)が、東洋大―青学大戦の球審として「東都デビュー」を果たした。

 昨季限りでNPBを引退し、実家である群馬・館林の真宗大谷派覚応寺の住職となったが「体が動くうちは審判員の普及に努める」とアマチュア資格を回復。「アマ野球のテンポを壊さないように気をつけた。住職との二刀流で頑張りたい」と笑みを浮かべた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月31日のニュース