巨人・井納が2軍再調整 プロ最短KOに原監督「ちょっと調子不足かな。ポンポンポンポンと」

[ 2021年3月31日 21:32 ]

セ・リーグ   巨人3-5中日 ( 2021年3月31日    バンテリンD )

<中・巨2>2回途中、降板となり、桑田投手チーフコーチ補佐(左)にボールを手渡し、深く息をつく井納(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 試合後、巨人・井納翔一投手(34)の2軍再調整が決まった。初回に味方打線から3点の援護をもらったが、FA移籍後初登板でその裏に先頭打者の大島から4連打を浴びるなどして3失点。2回も先頭の木下拓に左中間二塁打を浴びて降板して、プロ最短1回0/3を4失点だった。

 原監督は「ちょっと調子不足かな。いろんな意味でね。あれだけポンポンポンポン、というのはね」と指摘した。初回からいい形で3点を先制していただけに「明日切り替えてというとこでしょう」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月31日のニュース