広島・菊池涼が「天敵撃ち」 昨季4勝献上の阪神・西勇から決勝打「森下に勝ちがついて良かった」

[ 2021年3月31日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1ー0阪神 ( 2021年3月30日    マツダ )

<広・神>6回1死二塁、広島・菊池涼は左前に先制適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 開幕から好調な2番打者が虎の子の1点を叩き出した。0―0の6回1死二塁の好機で打席に広島・菊池涼。阪神・西勇が投じた初球の内角シュートを狙い澄ましたように振り抜くと、打球は左翼線で弾んだ。値千金の決勝打だった。

 「苦しい展開だったけど、いい所に落ちてくれた。一生懸命に投げてくれた森下に勝ちがついて良かった」

 森下と並んだ本拠地のお立ち台で声が、笑顔がはじける。何しろ、西勇には昨季だけで4勝を献上。マツダではオリックス在籍時を含めても、9試合で6勝を献上し黒星をつけたのは1度もなく、天敵中の天敵だった。今季初対戦で黒星を付け、森下に勝ち星を贈った価値は小さくない。

 「開幕で1本出たことが大きかった」

 初回の内野安打で開幕から4戦連続安打とし、この日は2安打1打点。3安打猛打賞も既に2回を数える。黒子役としての見せ場はまだないが「今後は増えると思う。そういう状況では2番の役割をしっかり果たしたい」と心づもりは十分だ。

 6回の先頭で力投の森下に打席が回り、代打・メヒアの左前打から均衡を破った積極采配。佐々岡監督は「勢いのある阪神にいい形で勝てた。(西勇を)打ち崩してはいないけど、負けを付けたのは大きい。キクが攻守で引っ張ってくれている」とご満悦だった。(江尾 卓也)

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年3月31日のニュース