×

またも先発が…中日・勝野は制球に苦しみ、4回途中3失点で降板 「リズムを悪くして申し訳ない」

[ 2021年3月31日 20:07 ]

セ・リーグ 中日ー巨人 ( 2021年3月31日    バンテリンドームナゴヤ )

<中・巨>4回途中降板となった中日・勝野(左)と会話する与田監督(右)(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 中日先発の勝野は3回1/3を3失点で降板。チームの先発陣で勝ち星一番乗りを狙ったものの、無念の思いでマウンドを降りた。

 立ち上がりから制球に苦しみ、先頭の梶谷に左前打を浴びると、続くウィーラーには先制2ランを被弾。坂本を四球で歩かせると、1死一、二塁からは中島の中越え二塁打で初回だけで3点を失った。

 2回以降は立ち直りかけたが、4回1死から梶谷を四球で歩かせ、ウィーラーを迎えたところで与田監督が交代を告げた。

 「立ち上がり、あのようにリズムを悪くしてしまって、申し訳ないです。すぐに点を取ってくれた野手の方、チームに感謝の気持ちが強いです」と反省しきりだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月31日のニュース