国学院大・ダンテ連発!レベルスイングに矯正、開幕2戦3発の大暴れ

[ 2021年3月31日 05:30 ]

東都大学野球第1週第2日   国学院大3―4亜大 ( 2021年3月30日    神宮 )

<国学院大・亜大>3回2死、左越え本塁打を放った国学院大・山本ダンテ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 1回戦、2回戦が1試合ずつ行われた。国学院大の山本ダンテ武蔵外野手(4年)が2打席連続の本塁打を放つなど3安打3打点の活躍。試合は亜大に4―3と逆転負けを喫し1勝1敗となったが、開幕戦に続いて2戦3発と頼れる主砲ぶりを発揮した。

 初回1死二塁。山本ダンテが、直球を左翼席まで運んだ。「昨日からバットが振れている」と手応えの先制2ラン。3回2死では甘い変化球を捉え、左翼席へ2打席連発となるソロを放った。

 大阪桐蔭3年時の17年センバツで4番として全国制覇。米国人の父を持つ恵まれたパワーと潜在能力は誰もが認める中で、バットの軌道を変えたことで進化を遂げた。「上から叩く意識が強かった」という軌道を冬の間にレベルスイングへと矯正。打球方向のデータを調べ、引っ張る傾向が強いことから「インサイドアウトでバットを出すように取り組んだ」と説明した。

 2試合で3発を含む5安打7打点。試合は終盤に逆転を許し連勝は飾れなかったが、東都に新スター誕生を予感させた。(君島 圭介)

 ◆山本ダンテ武蔵(やまもと・だんて・むさし)2000年(平12)3月16日生まれ、広島県出身の21歳。大柿スポーツ少年団で野球を始め、大阪桐蔭では4番を打ち、3年春のセンバツで優勝。同年夏は3回戦で仙台育英に敗れた。高校通算15本塁打。50メートル6秒0の俊足も武器。1メートル74、93キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月31日のニュース