ヤクルト西田コロナ感染で11人大量入れ替え 「特例2021」とは

[ 2021年3月31日 17:20 ]

ヤクルト西田明央捕手
Photo By スポニチ

 ヤクルトは31日、西田明央捕手が新型コロナウイルス陽性となったと発表。特例2021の対象選手として山田哲人内野手、青木宣親外野手、内川聖一内野手、西浦直亨内野手、西田明央捕手、アルバート・スアレス投手の出場登録を抹消し、嶋基宏捕手、松本友内野手ら5選手が入れ替え登録された。

 球団によると、30日に関係者1人が陽性判定を受けたことに伴い、同日に実施したスクリーニングのPCR検査で西田と球団スタッフ(20代男性)が陽性判定を受けた。濃厚接触者が特定されるまでの対応として、濃厚接触の可能性のあるスアレス、山野、山田、西浦、内川、青木の6選手とスタッフ1人は自宅待機としている。

 山田、青木、内川の3選手は今季4試合連続出場。西浦と西田は3試合に出場し、スアレスは30日のDeNA戦に先発していた。

 「特例2021」は今季のコロナ特例ルールとして設定されたもので、コロナの疑いなどで出場選手登録を抹消する際に適用。代わりに登録される選手は「代替指名選手」となり、その後10日以内に登録を外れた場合、どの選手とも日数の制約なしで再登録できる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年3月31日のニュース