×

ついにソフトバンクが負けた 開幕連勝は4でストップ 先発・大竹が3回7失点と大誤算

[ 2021年3月31日 21:00 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2ー7オリックス ( 2021年3月31日    京セラドーム大阪 )

<オ・ソ>ソフトバンク先発の大竹は3回7失点で降板(撮影・平嶋 理子)                                           
Photo By スポニチ

 開幕から圧倒的な強さを誇ったソフトバンクが5試合目で初黒星を喫した。「ヨーイドン」の初回。先発・大竹の制球が全く定まらない。先頭の太田に左前打を許し、犠打の後、吉田正、ジョーンズに連続四球を与えた。さほど球威のない左腕が、際どいコースを見切られると苦しい。続く5番・中川には、ストライクを取りに行ったボールをあわやグランドスラムの左越え2点適時打を浴びた。

 こうなると、歯止めが利かない。杉本も歩かせ、頓宮は打ち取ったものの、下位の大城、紅林にも連続タイムリーを許して、悪夢の6失点…。3回にも紅林に犠飛を打たれ、今季初登板はまるで収穫のない形で幕を下ろした。

 援護すべき打線も、この日はつながりに欠けた。ベテラン増井の熟練投球に的を絞れず、5回まで無失点。終盤に得点し、完封負けを免れるのが、やっとだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年3月31日のニュース