広島・大瀬良 開幕“前哨戦”で圧倒 4回1失点4奪三振も「もう少し上げていける」

[ 2020年3月1日 05:30 ]

オープン戦   広島1―3中日 ( 2020年2月29日    ナゴヤD )

<中・広>力投する大瀬良(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 2年連続2度目の大役へ、何の不安もない。開幕投手に内定している広島・大瀬良大地投手(28)が開幕カードの“前哨戦”となる中日とのオープン戦(ナゴヤドーム)に先発。4回を投げ1安打1失点と好投した。新型コロナウイルス感染拡大を受けて実施された無観客試合。通常とは異なる雰囲気の中でも武器とするカットボールがさえ渡り、毎回の4三振を奪った。

 開幕投手を任せられる理由と実力を、大瀬良はオープン戦2度目でほぼ完璧に証明してみせた。4回を投げビシエドのソロ本塁打による1安打1失点の快投。無観客試合の独特な雰囲気をよそに、動じることなくミッションを着々と遂行した。

 「プレーボールがかかった後は、違和感なくゲームに入っていくことができました。前回よりは自分のボールが投げられたと思います」

 初回から中日打線を圧倒した。3者凡退で難なく立ち上がると、最大の収穫は2回2死走者なし。京田にフルカウントからファウルで粘られたが、7球目に内角低めの絶妙なコースにカットボールを投じ、空振り三振に仕留めた。理想とするイメージと実際の投球が、ピタリと重なり合った瞬間だった。

 「左打者のインコースに強いカットボールを投げて、意図して三振を取ることができた。優先順位の高いボールですし、カットボールが生きてくるのが自分の投球スタイル。思い描いたような空振りが取れたと思うので、精度をもう一段階上げられるようにしたい」

 ビシエドに浴びた左翼へのソロ本塁打は、フォークを打たれたものだった。だが、悲観する必要は全くない。カットボールに自信を深めたからこそ、試すことができたからだ。

 「昨年は思うように扱えなかったんですけど、抜け球以外は操れたので、しっかりと自信を持って投げられるという感触です。もう少し上げていける感じはある」

 表情には自信がにじむ。佐々岡監督からは改めて「強さを出して投げられていた」と不変の信頼を寄せられた。開幕まで残す登板は2試合。20日のマツダスタジアムでマウンドに仁王立ちする背番号14の姿が、はっきりと浮かび上がってきた。(北野 将市)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース