ロッテ・福田秀 先頭打者弾!移籍後初マリンで決意の一振り

[ 2020年3月1日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ2―4楽天 ( 2020年2月29日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>1回、先頭打者本塁打の福田秀(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 青空に響いた打球音。右翼席で弾んだ衝撃音。ロッテ・福田秀は「なんか不思議な感じでした。静かだったので聞こえました」と満足そうに振り返った。

 ソフトバンクからFA宣言し、新天地に移籍した。石垣島から沖縄本島、高知、宮崎と転戦し、ZOZOマリンで今季初のオープン戦を迎えた。ここまでの練習試合では、スタメンだった全7試合は「3番」で出場も、この日は「1番・中堅」で起用された。そして初回、2ボールからの3球目を叩いた。楽天左腕・松井の138キロ直球を完璧に捉えた。

 本拠地でのファーストスイングによる移籍後初アーチ。「松井君は球界を代表する投手なので、とにかく積極的にいきました」。昨季は183打席で9本塁打をマーク。そんなパワーを見せつけた。

 慣れない一塁ベンチ。試合前には田村に「どこに座ればいい?」と聞き、楽天に移籍した鈴木大が定位置だった最前列に腰を据えた。「ロッカー、風呂場、ベンチまでの通路。朝から初めて見るものばかり。とにかく一日たつのが早かった」と振り返る。本来なら12球団屈指のファンから大歓声を浴びるところだが「それは次、公式戦での楽しみにしておきます。自分にとってはここからが勝負。もっとアピールして開幕スタメンに名を連ねたい」と先を見据えた。

 リードオフマンの荻野は右膝違和感で2軍調整中だけに、井口監督は「(荻野次第で)可能性はある」と言った。3・20開幕戦は古巣・ソフトバンクが相手。福田秀の「1番・中堅」も選択肢の一つとなりそうだ。 (横市 勇)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース