ロッテ・井上 ファン想定パフォーマンス「ベンチは誰も見ていなかったけれど…」

[ 2020年3月1日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ2―4楽天 ( 2020年2月29日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>3回の守備を終えた井上は無人のスタンドに手を振って答える(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテの4番・井上は初回2死から松井の初球を左翼席へ運んだ。ベースを回るとベンチ前では右翼席へ向かって両手を上げ「(ファンがいることを想定した)デモンストレーションです。ベンチは誰も見ていなかったけれど…」と振り返った。

 2回の守備に就く際には帽子を取って頭も下げた。これも「井上コール」をイメージしたもの。昨季は開幕直後に不振に陥っただけに「二の舞いにならないように」と気合も十分だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース