ロッテ・種市 4回無安打零封と完璧投球「今季は最後までローテの柱でいたい」

[ 2020年3月1日 05:30 ]

オープン戦   ロッテ2―4楽天 ( 2020年2月29日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>4回を被安打0のロッテ先発・種市(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテは昨季8勝の種市が先発し4回無安打無失点、1四球と完璧な投球を見せた。

 初回2死から昨季まで同僚だった鈴木大と対戦。「打たれたくなかった。絶対に抑えてやる」と初球にこの日最速となる150キロを計測するなど、二ゴロに仕留めた。「今季は最後までローテーションの柱でいたい」とキッパリ。井口監督も「まだまだ良くなる」と期待し、順当ならば開幕2戦目となる3・21ソフトバンク戦(ペイペイドーム)先発が有力だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース