ヤクルト・ドラ4大西 G主軸相手に1回無失点、開幕1軍に前進

[ 2020年3月1日 16:28 ]

オープン戦   ヤクルト―巨人 ( 2020年3月1日    東京D )

<巨・ヤ>6回1イニングを投げ無失点のヤクルト・大西(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト4位、大西広樹投手(22=大商大)が1日、巨人とのオープン戦(東京ドーム)の6回に2番手として登板。1回を無安打無失点に抑えた。

 6回に先頭の3番・丸に四球を与えたが、続く4番・岡本を中飛。代走の若林をけん制で刺し、5番・パーラを空振り三振に仕留めた。

 キャンプから結果を残してきたルーキーが目指す「開幕1軍」へまた一歩前進した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース