オリ山岡、エースの自覚5回零封 2年連続開幕へ西村監督も太鼓判

[ 2020年3月1日 05:30 ]

オープン戦   オリックス3-4日本ハム ( 2020年2月29日    札幌D )

日本ハムとのオープン戦に先発したオリックス・山岡(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 エースの自覚だ。開幕投手を務めるオリックス・山岡が5回無失点に封じた。最速147キロの直球に、カットボールなどを織り交ぜて1安打投球。2年連続2度目の大役へ順調な仕上がり具合を見せつけた。

 「そこそこ良かったんじゃないかと思います。今日は相手打線が“三振をしたくない”というのが見て分かったので、三振は取りにいかなかったんです」

 今季初の対外試合となったマウンドで、貫禄を見せつけた。新型コロナウイルス拡大の影響を受けて前夜、北海道は「緊急事態宣言」を発令。無観客試合で静まり返った場内に、敵軍のバットが放つ鈍い音だけが響いた。

 「打者どうこうより、長いイニングを投げてみて自分のボールの質を確認しました」。縦横のスライダーに新球シュート、カーブにチェンジアップと全球種が勝負球と言えた。4回先頭の渡辺に唯一の安打となる中前打を許したが、内外角を丁寧に突いてゴロアウトを量産。15アウトのうち、10個をゴロで料理した。5回70球の完封ペース。西村監督からも「問題ないでしょう、安打1本ですから。開幕戦を見据えて、きているなというのを感じますよね」と称えられた。

 次戦は6日の巨人戦(京セラドーム)で、13日の阪神戦(同)を経て開幕戦となる3月20日の楽天戦(楽天生命パーク)に挑む。「もう少し長いイニングを投げて。ケガだけはしないようにして、いきたい」。昨季最下位からの逆襲へ、エースがチームをけん引する。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース