大谷 打撃練習で右方向へ鋭い打球 オープン戦は出場せず

[ 2020年3月1日 08:19 ]

練習中に集まったファンにサインをする大谷(撮影・柳原 直之)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(25)が29日(日本時間3月1日)、敵地で行われたジャイアンツとのオープン戦には出場せず、キャンプ地で練習に励んだ。

 投手組に入り、キャッチボールは塁間ほどの距離を離れ計73球を投げ、その後は投内連係で動きを確認。その後はメイン球場で行われたフリー打撃では31スイング中、柵越え6本。普段は左方向を主体に打つが、この日は中堅から右方向を中心に鋭い打球を飛ばしていた。

 大谷は前日の28日のレンジャーズ戦でオープン戦初安打初打点を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース