巨人・菅野 無観客試合も冷静5回1失点「改めてファンの声援が力になっていると感じた」

[ 2020年3月1日 05:30 ]

オープン戦   巨人3-5ヤクルト ( 2020年2月29日    東京D )

史上初の無観客で行われたヤクルトのオープン戦で、力投する巨人・菅野(撮影・西海 健太郎)
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの感染拡大が終息の気配を見せない中、プロ野球は29日、史上初となる無観客でのオープン戦を5球場で開催した。東京ドームでは巨人―ヤクルト戦が行われ、先発した巨人の菅野智之投手(30)が5回4安打1失点と好投。ファンの歓声が飛び交ういつもの光景はなかったが、予定される20日のシーズン開幕に向けて選手らは黙々と調整を続ける。

 360度を空席に囲まれ、歓声もない特異なシチュエーション。聞こえるのは打球音とミットをはじくボールの音だけ。試合後、大勢の報道陣に囲まれた菅野は「やるべきことは変わらないですし…」と気丈に話しだしたが、一拍おくと、素直な心の内を口にした。

 「改めて、ファンの方の声援だったり、そういうものが自分たちの力になっているんだなと考えさせられる部分がありました」

 無観客の状況に感じるものはあったが、マウンドではいつものエースの姿を見せた。初回1死で昨季2被弾の山田哲と今季初対戦。眼光は鋭さを増した。「去年はヤクルトには凄い打たれたイメージがある。嫌な印象が僕にはある」。力の宿った初球は、この日の最速150キロ直球でストライク。静まり返った球場にミット音が響いた。カウント1―2からの4球目、最後は140キロのフォークで空振り三振を奪った。

 通常の開催では聞こえるはずのない効果音は、球界を代表する右打者との真剣勝負を演出した。3回は遊直に抑え、2打数無安打。この日は昨年、直球の30・5%に次ぐ、21%を占めたスライダーを「いつでも投げられるので」と減らし、カットボールを多投した。

 昨年2試合で1勝1敗、防御率6・97と苦しんだ相手打線を5回4安打1失点に抑え「(小林)誠司と話をした。いい組み立てができた」と振り返る。ただ抑えるだけではないのがエースの凄み。シーズンを見据え、相手打者の脳裏に昨年とは違う残像を植え付けた。

 3回は坂口を126キロカーブで左飛。腕から始動する新フォームで変化量が増え、キャンプ中から好感触を得ていた球種を外角に完璧に制球した。「一歩間違えたら危ないボールですが、しっかりと制球できた」。目先を変えるカウント球だけでなく、勝負球でも使えることを証明した。

 未体験の環境下でも結果を残し、ファンへの感謝の思いも再確認した菅野は「沖縄(2月23日の楽天戦)よりも数段いい。シーズンを想定してできた」と手応えを語る。予定通り20日にシーズンが開幕すれば3年連続6度目の大役を担い、ファンの大歓声を浴びて同じマウンドに上がる。(川手 達矢)

 《3月15日まで72試合》○…プロ野球は2月26日に東京都内で臨時の12球団代表者会議を開催。同29日から3月15日までのオープン戦72試合の全てを無観客で実施することを決め、斉藤惇コミッショナー(80)は「プロ野球が感染拡大を防ぐためにできることは何であるかと考えまして、苦渋の決断をいたしました」と語った。11年に東日本大震災の影響で練習試合を無観客で行った例はあるが、日本野球機構(NPB)によるとオープン戦が無観客で行われるのは史上初。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース