楽天・涌井 初の古巣対決で4回1失点6K、初回先制許すも2回以降無安打

[ 2020年3月1日 15:34 ]

オープン戦   楽天―ロッテ ( 2020年3月1日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>力投する楽天・先発の涌井(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 楽天の涌井秀章投手(33)が1日のロッテとのオープン戦(ZOZOマリン)で先発し、4回2安打1失点と好投した。

 移籍後初となる古巣対決。初回1死から角中の中越え二塁打をきっかけに、自らの冒頭で1点を失った。先制は許したものの最少失点に抑え、2回以降は無安打投球を披露。ロッテ打線から6三振を奪い、開幕ローテーション入りに向けて順調な仕上がりをアピールした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース