阪神・大山 「開幕三塁」死守へ本領2打席連発だ!3安打だ!

[ 2020年3月1日 05:30 ]

オープン戦   阪神5―4ソフトバンク ( 2020年2月29日    ペイペイD )

<ソ・神>6回、2死、左越えに2打席連続となる本塁打を放つ大山(撮影・成瀬 徹)       
Photo By スポニチ

 阪神の大山悠輔内野手(25)が2月29日、新型コロナウイルス感染拡大を受け史上初のオープン戦無観客試合として行われたソフトバンク戦(ペイペイドーム)で2打席連続本塁打を含む3安打を記録した。オープン戦4戦目にしてはやくも9本塁打を放った新生・猛虎打線をけん引。キャンプ中の成績が奮わず苦しんでいたが、豪快に、反撃ののろしを上げた。

 これまでのモヤモヤをたった1試合で吹き飛ばした。新型コロナウイルス感染拡大の防止策として無観客で行われた一戦。大山が異様な静けさの中で、快音を響かせた。まずは3―0の4回2死無走者の第2打席。ソフトバンクの開幕投手候補・東浜が投じた低め116キロカーブをすくい上げた。踏み込んだ左足で体の開きをグッと我慢。左手一本のフォロースルーで左翼席最前列まで運んだ。

 「今やっている、意識していることがしっかりできた。結果もそうですけど、そういう形を試合で出せたことがなにより良かったので、感覚を忘れないようにしていきたい」

 誰もいないスタンドで跳ねた白球が、本来の姿を呼び起こしてくれた。もう、止まらない。最速160キロ左腕・古谷と対戦した6回2死走者なしの第3打席。2ボールからの真ん中速球を左中間ホームランテラスに突き刺した。「狙ったボールを一発で仕留めるのは、ずっと持っている課題」と話す価値ある一撃で、昨年4月18日ヤクルト戦以来の2打席連続弾を決めた。

 今春初実戦だった2月8日の中日との練習試合を4番で迎えたものの、不調で打順は下がり続けた。この日は7番。その間、ライバルと目されるマルテが2本塁打を放つ猛アピールで、立場が危ぶまれた。そんな中で生まれた今春1号。キャンプ最終日に30分もの密着指導を施した矢野監督は「素晴らしいね」と称え、こう続けた。
 「自分のカウントに引き込んだ時は速いボールを一発で仕留める。自分のタイミングじゃないところでも、泳がされても、甘い球だったらああいう風に引っかけて本塁打にできる。今日みたいなのが理想やろなあ」

 9回1死走者なしの第4打席には、守護神・森がフルカウントから投じた内角カットボールをとらえて三遊間を破った。いずれも実力ある投手から放った3安打は「開幕三塁」死守への起爆剤になるはずだ。糸井やボーアら左打者が中核をなす今季の猛虎打線。必要不可欠な右の大砲が、ついに、理想の打撃を体現した。(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース