ロッテ・福田秀&井上の“お客さんのために”の姿勢に感動

[ 2020年3月1日 08:30 ]

オープン戦   ロッテ2―4楽天 ( 2020年2月29日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>3回裏、先頭の福田秀は右中間二塁打(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 試合後のロッテ・福田秀は「無観客試合はこういうときなので仕方ない。テレビでも見ているお客さんもたくさんいる」と移籍後初アーチの記念球にサインを記した。井上も「テレビで応援してくれた人たちのおかげで打てました」と同調した。

 2人の意向もあり、球団関係者は「本拠地で行ったオープン戦で出た本塁打は、全部プレゼントします」とSNSを通じて希望者を募り贈呈することを決めた。新型コロナウイルスの影響で石垣島キャンプ後は握手、写真撮影、プレゼントの受け渡しなど、選手によるファンとの交流を自粛してきた。だからといって何もできないわけではない。素晴らしい試みに、記者も温かい気持ちになった。(ロッテ担当・横市 勇)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース