中日・ビシエド“お得意様”大瀬良討ちオープン戦1号 初球フォーク捉えズドン!

[ 2020年3月1日 05:30 ]

オープン戦   中日3―1広島 ( 2020年2月29日    ナゴヤD )

<中・広>6回裏2死三塁、ビシエドは勝ち越しとなる右前適時打を放つ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 客席にぶつかる衝撃音が歓声代わりとなった。中日・ビシエドがオープン戦1号。大瀬良の初球、フォークを捉え「ファーストストライクから思いっきりいくことができた。良いスイングができたよ」と無人の左翼席へ放り込んだ。

 3月20日の開幕戦で対戦する右腕にチームは昨季6試合で4勝を献上。攻略に手こずる中、20打数7安打、打率・350を誇った。「広島で1番良い投手。開幕のつもりで臨んで、良いバッティングができた」と今年も“お得意様”ぶりは健在。オープン戦9打席目での初安打が豪快な一発となった。6回2死三塁では床田の高め直球を右前適時打。「チャンスで2アウトで点を取れて良かった」とうなずいた。

 前日は妻・アナイスさんの30歳の誕生日。家族でケーキでお祝いしたが、1日遅れでバースデーアーチも届けた。無観客で行われた一戦に「日本全国とても大変な時期。ファンはテレビを見て応援してくれていると思うので、しっかりコンディションを整えたい」と結んだ。家族だけでなくチーム、ファンにとっても頼りになる主砲だ。(徳原 麗奈)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース