ヤクルト・小川5回1失点 巨人・戸郷5回無失点 両軍先発投手が好投

[ 2020年3月1日 17:04 ]

オープン戦   ヤクルト3―2巨人 ( 2020年3月1日    東京D )

<巨・ヤ>ヤクルト先発の小川(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ヤクルトが投手陣の好投で3―2で巨人に勝利した。開幕投手候補の小川が5回を投げ6安打されたが、要所を締め1失点。2番手のドラフト4位・大西は1回を無安打無失点に抑えた。打っては6回1死二塁から坂口の中前適時打で追いつき、1死一、三塁から青木の右前適時打で勝ち越し。7回1死三塁からは西浦の遊ゴロ野選で追加点を奪った。

 巨人は、吉川尚がオープン戦1号となる先頭打者本塁打を放った。投げては先発・戸郷が5回2安打無失点で開幕ローテーション入りをアピールした。抑え候補のデラロサは1回4安打2失点と打ち込まれた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース