先発転向の楽天・松井 上々5回2失点 勇気の“リセット”で「収穫」

[ 2020年3月1日 05:30 ]

オープン戦   楽天4―2ロッテ ( 2020年2月29日    ZOZOマリン )

<ロ・楽>5回3安打2失点の楽天・松井(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 勇気を持って「リセット」した。今季から先発に再転向した楽天・松井が、オープン戦2試合目のマウンドに上がり、5回3安打2失点。オフシーズンから取り組んでいたノーワインドアップをやめて昨季までのセットポジションにフォームを戻し「一度セットに戻して、強い球を投げる感覚を確かめたかった」と狙いを説明した。

 初回に先頭・福田秀と井上にそれぞれソロを浴びたが、先発らしく先に目を向けた。2回以降はスライダーやチェンジアップにカーブ、新球のフォークを織り交ぜて投球を組み立て「1打席目の攻めを2打席目以降で意識させることができた」。2回以降はわずか1安打に抑え、トータルで試合をつくった。

 2月22日のDeNA戦は2回1/3で8安打6失点。長い回を投げることを意識し過ぎて球の力強さを失っていた。「右足で受け止めた力を指先までしっかり到達させる」。基本の感覚を取り戻すため自主トレから時間を割いてきたノーワインドアップのフォームを封印し、結果につなげた。

 首脳陣は先発で結果が出なければリリーフに戻すという考えはない。結果が出なければ2軍の可能性もある。無観客試合を松井は「やりづらかった」と振り返るも、投球内容については「収穫があった。今は全てが勉強」。開幕までの3週間で、試行錯誤とアピールを両立させる。 (重光 晋太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース