阪神・守屋 オープン戦初登板は1回完全、実戦4試合無失点の安定感

[ 2020年3月1日 15:14 ]

オープン戦   阪神―ソフトバンク ( 2020年3月1日    ペイペイドーム )

<ソ・神>阪神4番手の守屋(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 阪神・守屋が1―4の8回からオープン戦初登板。1番・周東からの上位打線を3者凡退に封じた。

 まずは先頭・周東を左飛に退けると、続く高田は二ゴロ。最後は川島を二飛に仕留めた。2月20日の練習試合・楽天戦以来の実戦登板だったが、これで今春は4試合で4回を無失点。安定感が際立っている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース