阪神・スアレス 古巣相手に3回1失点3奪三振 先発の適性も示す

[ 2020年3月1日 14:51 ]

オープン戦   ソフトバンク―阪神 ( 2020年3月1日    ペイペイドーム )

<オープン戦 ソ・神>阪神2番手のスアレス(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 4回から2番手として登板した阪神のスアレスは、昨年まで在籍した古巣を相手に3回を1安打1失点。リリーフだけではなく、先発としての適性も示した。

 登板直後の先頭・バレンティンに四球を与えると、続く松田宣に右翼線への適時二塁打を浴びた。なおも無死三塁のピンチが続いたが、その後は遊撃・木浪の好守もあり追加点を許さず。5、6回はいずれも3者凡退で切り抜けた。最速は157キロをマーク。3三振を奪った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース