巨人・吉川尚 先頭打者アーチ!ヤクルト・小川からオープン戦1号「しっかりとバットが振れた」

[ 2020年3月1日 14:14 ]

オープン戦   巨人―ヤクルト ( 2020年3月1日    東京D )

<OP戦 巨人・ヤクルト>初回無死、吉川尚は先頭打者弾を放ち、ナインの出迎えを受ける(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人の吉川尚輝内野手(25)が1日、ヤクルトとのオープン戦に「1番・二塁」で先発出場。初回に先頭打者アーチを放った。

 初回無死、1ボール1ストライクからヤクルト・小川の3球目の直球をジャストミート。打球は一直線に右翼スタンドに飛び込む先制弾だ。前日2月29日のヤクルト戦では同じく1番に座ったものの4打数無安打。一夜で“修正”し、オープン戦第1号につなげた形で「打ったのはストレートですかね。塁に出ることだけを考えていました。しっかりとバットが振れたのが良かったですね」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース