日体大のドラフト候補・森 6球団スカウトの前で149キロ、2回無安打無失点

[ 2020年3月1日 16:45 ]

大学野球オープン戦   日体大1―5日大 ( 2020年3月1日    日大G )

<日大・日体大>3番手で登板したドラフト候補の日体大・森
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト候補の155キロ右腕、日体大の森博人投手(3年、豊川)が日大とのオープン戦に3番手で登板し、2回無安打無失点と好投した。

 「ここまで紅白戦や対外試合で2回投げたけどあまり感じが良くなかった。きょうは強いボールを高めに投げることを意識した」と最速149キロを計測。「良いボールが増えてきた」と手応えを口にした。6球団のスカウトが視察する中、順調な調整ぶり。

 この日は春季リーグ戦の日程も発表され、「まだ時間はある。リーグ戦でしっかり結果を残すためにいろいろ試したい」と意欲を口にした。

 森だけでなく、4番手で登板した大学日本代表候補の二刀流、矢沢宏太投手(1年、藤嶺藤沢)も149キロをマーク。ほとんどバットに当てさせないキレのある直球を軸に、3者連続空振り三振と圧巻の投球を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年3月1日のニュース