阪神・高橋 順調3回1失点 カーブに手応え「まだまだ良くなるかなと思う」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

オープン戦   阪神6―2中日 ( 2020年2月22日    北谷 )

<中・神>2番手で力投する高橋遥(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 上々の試運転と言っていい。2番手でマウンドに上がった阪神左腕の高橋は3回を被安打3の1失点。4回2死一塁から平田に外角低めのシュートをうまく拾われて適時二塁打を許したが、後続はしっかり断ち切った。

 「カーブは(カウントが取れる)確率が良かった。真っすぐはそんなに良かったわけではないですけど、差し込めて野手の正面にいったりしていた。まだまだ良くなるかなと思う。今日は楽にカウントも取れたので、良かったと思います」

 収穫の一つに挙げたのが緩いカーブだ。3回先頭の京田をボテボテの二ゴロに封じるなど決め球としても効果的だった。5回は2者連続見逃し三振に仕留め、最後は高橋を147キロの直球で二ゴロに抑えた。

 今春の対外試合は3試合で計8回2失点。矢野監督からも「試せることはしっかり試しながら中身のあるしっかりしたものがあったんじゃないかな」と評価され、開幕ローテーション入りへの歩みは順調だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース