ヤクルト・ドラ2吉田喜 2回完全“満点デビュー” 誠也も3ゴロ斬り「持っている力出せた」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

オープン戦   ヤクルト6―7広島 ( 2020年2月22日    ANA BALLPARK浦添 )

<ヤ・広>2回無失点の好投を見せた吉田喜(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト2位・吉田喜(日体大)が満点デビューを飾った。2番手で実戦初登板し、4回1死から鈴木誠を外角低めのカーブで三ゴロに仕留めるなど2回を完全投球。「自分の持っている力をある程度出せたかな」と笑顔で振り返った。

 広島・森下とは昨年の日米大学野球の時、宿舎で同部屋だった間柄。21日に連絡を取り「頑張ろうという感じ」と健闘を誓い合ったが、内容では勝った。また、同3位・杉山(創価大)も実戦初登板となったが1回0/3を6失点(自責点5)。「苦い経験になった。しっかりと生かしていきたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース