日本ハム・ドラ1河野 デビュー登板で2失点も岡本から三振 次回登板も巨人、巻き返し期待

[ 2020年2月23日 05:30 ]

オープン戦   日本ハム2―6巨人 ( 2020年2月22日    タピックスタジア ム名護 )

<日・巨>3回から2番手で登板する河野(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト1位・河野(JFE西日本)が2番手で対外試合に初登板し、2回3安打2失点。マウンドに上がった3回は「緊張して力んだ」と持ち前の制球が乱れて3安打に野選が絡んで2失点したが、2イニング目の4回は習得中のチェンジアップで4番・岡本から三振を奪い「直球に近い腕の振りで投げられたのはよかった」とうなずいた。

 次回登板は3月3日巨人戦に先発予定で、本拠・札幌ドームでのデビューが決定。厚沢ベンチ兼投手コーチは「巨人にリベンジさせる」と左腕の巻き返しに期待した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース