巨人・田口 4回零封!習得フォーク収穫 宮本コーチ「先発“ローテー”までいったんじゃ」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

オープン戦   巨人6―2日本ハム ( 2020年2月22日    タピックスタジア ム名護 )

<日・巨>巨人先発・田口(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 中継ぎから先発への転向を視野に入れる巨人・田口が、4回を2安打無失点と安定感を見せた。「若いカウントで勝負できた。アピールすることが一番」と振り返った。

 4回には、4番・中田に初球スライダーを投じた後、2球連続でフォークを低めに集めて空振り三振。3球連続の空振りに「前のシーズンになかったような落ち球が決まってくれた。意識と感覚が合ってきている」。本格的に習得したフォークが収穫となった。

 原監督は起用法について「早めに決めることも必要になると思う。まだ現段階ではさまざまなオールラウンダー」とした。宮本投手チーフコーチは「先発ローテーションの“ローテー”までいったんじゃないですか」と示し、チーム事情も考慮しながら適性を見極めていく。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース