広島 大瀬良が対外試合初先発 3回5安打1失点に「良かったでは終われない」

[ 2020年2月23日 14:08 ]

オープン戦   阪神―広島 ( 2020年2月23日    コザしんきん )

<オープン戦 広・神>阪神相手に力投する広島先発の大瀬良(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 2年連続2度目の開幕投手に決まっている広島・大瀬良大地投手(28)は、先発として対外試合に初登板し、3回5安打1失点と好投とはいかなかった。

 「いい球もあったし、甘く入ると打たれてしまう。安打5本なので、良かったの一言では終われないです」

 初回先頭の糸井に左前打を許すと、2回も先頭の大山に左前打。3回先頭の高山にも左前打と3イニング連続で先頭打者に出塁を許した。3回無死一、三塁から陽川の三ゴロの間に先制点を献上。糸井には右翼線への二塁打と浴びるなど、最後まで我慢の投球となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース