阪神・坂本 阪神OP戦1号!矢野監督絶賛、梅野脅かす存在に「なっていける」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

オープン戦   阪神6―2中日 ( 2020年2月22日    北谷 )

<中・神>2回2死一塁、坂本が先制2点本塁打を放ってベンチに戻るも、ナインはサイレントトリートメント(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 快音を残した打球は左翼席で勢いよく弾んだ。2回2死一塁で迎えた第1打席。阪神の坂本はロメロの内角直球をフルスイングで仕留めた。猛虎にとってオープン戦第1号となる先制2ラン。サイレントトリートメントで出迎えられても“エアハイタッチ”で応戦し、最後は高々と右の拳を突き上げた。

 「1打席でできるスイングは少ないし、そこにかけて練習しているつもり。いっぱいやったことを数少ないスイングで出す。どっちの打席もしっかり振った結果です」

 この1本で満足しないのが成長の証だろう。3回に訪れた第2打席は2死一、二塁からしぶとく中前へ適時打。矢野監督は「素晴らしいよね。ファーストスイング、一発でね。スゴく価値がある。その後のタイムリーヒットも追い込まれてから。リュウ(梅野)を脅かす存在になっていける」とうなずいた。

 「監督、コーチが“誠志郎いけるんちゃうか”と悩ませるような結果を出すのが僕の立場では必要。もっと欲を出してやりたい」。このまま2番手捕手に収まるつもりなど毛頭ない。(吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース