西武・ノリン ちょっぴり苦い初登板3回2失点 制球に課題「日本の打者はよく球を選ぶね」

[ 2020年2月23日 05:30 ]

練習試合   西武8―3ロッテ ( 2020年2月22日    春野 )

<西武・ロッテ>西武の先発・ノリン(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 西武のローテーション候補の新外国人左腕・ノリンが先発し3回3安打2失点。「遅い球も含め試しているけど、日本の打者はよく球を選ぶね」と初登板を振り返った。

 最速146キロをマークしたが、低めに集めた変化球を見送られ、4四死球と制球に苦しむ場面もあり「しっかりストライクを投げられるようにしないといけない」。辻監督は「今日は力を入れて投げてないし、調整段階だから」と気遣っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月23日のニュース